MENUMENU

マイクロチップ

マイクロチップについて

マイクロチップ マイクロチップに記憶された固有の個体識別番号を、専用のマイクロチップリーダーで読み取ることでその動物の情報を得ることができます。

マイクロチップに専用のマイクロチップリーダーを近づけると、マイクロチップリーダーから発する電波にマイクロチップが反応し、データを送り返す仕組みになっています。そのため、マイクロチップ自体に電源は必要なく、一度体内に埋め込めば一生交換する必要はありません。

近頃ではマイクロチップ自体も進化し、より小型に改良され(1.5×8mm)埋め込み時の動物への負担は少なくなっています。また、マイクロチップの表面は生体適合ガラスでできており、今のところ埋め込みによる副作用はほとんど報告されていません。

マイクロチップによっては、個体識別番号以外にも動物の名前、生年月日、予防履歴、飼主の連絡先などを書き込めるものもあります。

マイクロチップによるメリット

マイクロチップを埋め込む方法

マイクロチップの装着は、動物病院で獣医師によって行われます。

装着可能な年齢は動物の状態によって異なりますが、一般的には犬で生後2週齢、猫では生後4週齢から可能です。埋め込まれる場所は、首の後ろの皮下が一般的です。
埋め込み方は通常の皮下注射とほとんど変わらず、マイクロチップの小型化により必ずしも麻酔の必要はなく動物への負担は少なくなりました。(動物の状態を考慮して、局所麻酔を使うこともあります)

マイクロチップは埋め込んだだけではその効力を発揮しません。必ずAIPO(動物ID普及推進会議)に生体認識番号と飼主の情報を登録しなければなりません。

マイクロチップの埋め込みや登録手続きについては、各動物病院にお問い合わせください。

AIPO(動物ID普及推進会議)

AIPO(動物ID普及推進会議)は、(財)日本動物愛護協会、(社)日本動物福祉協会、(社)日本愛玩動物協会と(社)日本獣医師会により構成される組織で、平成14年度から、MCを利用した犬・猫等の家庭動物の個体識別の普及・推進を図っています。

マイクロチップ協力病院一覧

ページトップへ