社団法人 岡山県獣医師会
お問い合わせ会員専用
 
主な事業紹介

主な事業紹介

1.獣医学術並びに獣医技術の向上

各種学会、講習会、研修会を開催し、会員獣医師の獣医学術並びに獣医技術向上に努める。
(公社)日本獣医師会、中国地区獣医師会連合会主催の各種学会、講習会等に会員を派遣し研鑽に努める。
「日本獣医師会雑誌」の配布

2.狂犬病予防注射業務の推進

岡山県、市町村等と連携して「狂犬病予防法」に基づき飼い犬の登録、予防注射、放浪犬の抑留等を施し、狂犬病の発生予防に努める。
「社団法人岡山県獣医師会狂犬病予防業務実施要領」
・狂犬病予防注射代表(支部別、地区別) ・狂犬病予防注射専任獣医師

3.動物福祉活動の推進

岡山県動物愛護センター、公益財団法人岡山県動物愛護財団等と連携して「動物の愛護及び管理に関する法律」、「岡山県動物の愛護及び管理に関する条例」等に基づき、県民の動物愛護の精神の高揚を図るとともに、動物による人の生命、身体及び財産に対する侵害を防止することに努める。
動物愛護週間行事として「動物愛護フェスティバル」、「犬のしつけ方教室」等の開催

4.人と動物の共通感染症への対応

国(農水省、厚労省)、岡山県(農林水産部、保健福祉部)等と連携して人獣共通感染症の発生防止に努める。
 ・高病原性鳥インフルエンザ、BSE(牛海綿状脳症)、ウエストナイル熱、SARS(重症急性呼吸器症候群)等

5.学校飼育動物サポート事業の推進

小学校、幼稚園等で飼育されている動物の伝染病や動物由来感染症を防ぐための衛生知識の普及啓 発を図ることにより、児童又は園児が安心して動物と触れ合う場を創出するとともに、家畜伝染病の 発生とまん延防止に努める。

  • 実施対象小学校、幼稚園・・・20校・園
  • サポート獣医師・・・20名
  • 小学校、幼稚園の教職員を対象とした研修会の開催
    (平成13年度から実施)

6.負傷動物診療措置業務

動物愛護の観点から、所有者不明の負傷動物の措置を迅速に行うことを目的とする。
県下(岡山市、倉敷市を除く)の道路、公園、広場その他の公共の場所で発見された負傷した動物(犬、猫、家ウサギ、ニワトリ又はアヒル)を協力病院に搬入して一時的措置を行うもの。
・協力病院数:38病院…((公社)岡山県獣医師会と覚書を締結した動物病院)

7.部会・支部活動の活性化

四部会(開業、公衆衛生、畜産、農業共済連)をはじめ会員相互の信頼と協調を図りながら、“獣医師の誓い−95年宣言”の遵守に努め、社会の要請に積極的に応えていきその社会的使命を果たしていくものとする。

▲このページのトップへ戻る